ニュース

2018年8月22日

【U15】

【U15】
2018.8.22
金沢遠征 3日目

〜本日の活動〜
午前
・トレーニングゲーム
@星稜高校グランド
vs星稜高校 1年生(25分×3)
●2-5(0-2・1-2・1-1)
得点者
梶丸・内田

午後
・金沢市内 自主研修
・移動
15:55発 かがやき510号
金沢駅→東京駅 解散

遠征最終日は、本田圭佑選手・込山監督の出身高校であり、全国高校サッカー選手権優勝など輝かしい成績と、幾多のプロサッカー選手を輩出している名門星稜高校とトレーニングゲームを行いました。
ゲームでは、相手チームの前線からの激しいアプローチに対して、受け身になる部分が多く、主導権を握られる時間が長い苦しいゲーム展開となりました。
ミスによる失点もありましたが、最後までチーム全員がゴールを奪いに行く姿勢を持ち続け、2ゴールを挙げられたことは成果となりました。

今遠征では、ツェーゲン金沢ユースや星稜高校など、テクニック・フィジカル・パワー・スピードなど全てにおいて我々を上回るチームとの対戦の中で、相手のプレッシャーを受ける中でも正確なパス&コントロールの精度、動き出しのタイミング、1対1での突破(勝負)する力、相手の突破を守り切る力など、改めて個人・チームで取り組むべき課題がより明確となった遠征となりました。

また、今日のトレーニングゲーム前には、我々が星稜高校グランドに到着すると、既にウォーミングアップを開始していた星稜高校1年生の、全員がウォーミングアップから集中して取り組んでいる姿や、グランドに響き渡る大きな声の迫力に圧倒され、思わず見入ってしまうなど、普段のトレーニングへの取り組む姿勢や、チームとしてのまとまり方など、自分達に足りない部分などを肌で感じることとなりました。
試合後には、星稜高校監督の河崎先生のご厚意により、校舎内に飾られているサッカー部の輝かしい実績の記録や、本田圭佑選手のユニフォームの展示棚を見学させて頂き、名門校の伝統や歴史にも触れさせて頂くことが出来ました。

Jr.ユース年代、最後の遠征として成果と結果を追求することを目標に掲げて臨んだ3日間は、とても内容の濃いものとなりました。チーム全員の結束をより高め、残りの時間を悔いなく過ごして欲しいと思います。

保護者の皆様には、今回も遠征実施へのご理解、ご協力を頂きありがとうございました。
引き続き、ご声援のほど宜しくお願い致します。

文責:林 晋太郎( GKコーチ)

#ソルティーロ
https://soltilo-fc.jimdo.com/