遠征

2018年8月29日

【U18】

【U18】
2018.8.28-29(イタリア時間)
イタリア遠征7日目
〜主なスケジュール〜
・午前
ミランミュージアム、ミラン本社(CASA MILAN)見学
ミラノ・マルペンサ空港発
 ➡︎ドーハ・ハマド空港経由
  ➡︎日本・成田空港着

 遠征最終日は、ミランの歴史が詰まったCASA MILANの中にある、ミュージアム見学からスタート。 ACミランは1899年に創立されてから、これまでセリエAで18回の優勝、チャンピオンズリーグも7回優勝している名門クラブ。

 ミランのレジェンドでもあるフランコ・バレージ選手が最後の試合で着たユニフォーム、2006-07シーズンのCL決勝で使用されたボール、セリエA、CL、コッパ・イタリア優勝トロフィーなど、その歴史を十分に味わえる施設でした。

 またなんとミラン側からのサプライズで、今シーズンよりミランのスポーツディレクターに就任したレオナルド氏、スポーツ戦略・開発ディレクターのパオロ・マルディーニ氏、クラブOBで清水エスパルスでプレー経験もあるダニエレ・マッサーロ氏も登場。日本人の立ち振る舞いも褒めていただき、昨日に引き続き、選手、スタッフ共に大興奮でした。
 

 今遠征の活動内容は、ACミランのウェブサイトにも掲載されております。

https://www.acmilan.com/it/news/milan-academy/2018-08-28/per-il-soltilo-fc-unesperienza-da-veri-diavoli

 今遠征に伴い、現地イタリア・ミラノにてチームアテンドをして頂きました『HEROE株式会社』の市塚さん、また日本での打ち合わせをして頂きました野尻さん、には大変お世話になりました。
 安全面への配慮、トレーニング場の確保、練習試合のマッチメイク、ミラノをより深く識る為の観光スケジュール計画など、限られた時間の中でも安全に、そして効率的に活動することが出来ました。
 この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

 また、保護者の皆様には、今遠征へのご理解とご協力を頂き、無事に遠征を終えることが出来ましたことを、重ねて御礼を申し上げます。
 遠征後からは、いよいよリーグ戦も再開し、Jユースカップの予選も始まります。3年生にとっては最後の大会となりますので、今遠征での成果を発揮し、チーム一丸となり目標に向かって頑張ります。
 これからも引き続き、ご支援ご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

HEROE株式会社
https://www.heroe.jp/

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

#ソルティーロ
https://soltilo-fc.jimdo.com/

2018年8月28日

【U18】

【U18】
2018.8.27(イタリア時間)
イタリア遠征6日目

〜主なスケジュール〜
・午前
自由時間

・午後
トレーニング
ミラネッロ見学

 遠征6日目は、ミランの練習場、ミラネッロ見学を行いました。ミラネッロには、16万平方メートルの敷地があり、丁寧にメンテナンスされた天然芝のピッチ、人工芝のピッチが全部で6面、屋内練習場、トレーニングルームなどがあります。

 さらに練習場内の建屋には、選手の個室、食堂や休憩室など、練習時間外に選手が過ごせる場所が用意されています。

 通常、ミラネッロには一般の人は立ち入る事が出来ません。ACミランの選手、スタッフ関係者のみの出入りが許されており、警備は厳重です。
 そんな中、SOLTILO FCでは内部に入り、トレーニングを行い、さらにはトップチームの練習見学を行いました。

 またガットゥーゾ監督、トップチームの選手と写真を撮る機会も作っていただき、選手達は大興奮でした。

 遠征の試合結果、活動の様子は随時更新していきます。

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

#ソルティーロ
https://soltilo-fc.jimdo.com/

2018年8月27日

【U18】

【U18】
2018.8.26(イタリア時間)
イタリア遠征5日目

〜主なスケジュール〜
・午前
トレーニング

・午後
SERIE A 観戦
 インテル vs トリノ
  @ジュゼッペ・メアッツァ

 遠征5日目も引き続き、ACミランアカデミースタッフによるトレーニングから始まりました。選手たちも徐々にイタリア語や英語を理解し始めたようで、コーチ達とコミュニケーションを取るのがスムーズになってきました。

 練習の内容は、連戦後の翌日だったこともあり、認知を刺激するような内容。対人ゲームのところは、大いに盛り上がっていました。

 そして午後はセリエA観戦。インテルのホーム開幕戦ということもあり、チケットは完売、観客数は57500人を数えました。

 選手達はまずスタジアムの大きさやサポーターの応援に圧倒され、試合が開始してからは、選手の身体の大きさやスピード、一人一人の技術の質の高さに見とれていました。

 試合展開は早々にインテルが先制し、前半だけで2-0、これで勝負がついたかと思われましたが、そのままでは終わらないのが、戦術大国、イタリア。

 後半トリノがメンバー、守備の方法などを変更してきたことが見事にはまり、終わってみれば2-2のドロー。戦術的柔軟性の重要さをまざまざと見せつけられるゲームとなりました。

 遠征の試合結果、活動の様子は随時更新していきます。

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

#ソルティーロ
https://soltilo-fc.jimdo.com/

2018年8月26日

【U18】

【U18】
2018.8.25(イタリア時間)
イタリア遠征4日目写真

2018年8月26日

【U18】

【U18】
2018.8.25(イタリア時間)
イタリア遠征4日目

〜主なスケジュール〜
・午前
トレーニング

・午後
TRM vs Lombardia Uno ○2-0(中川、上野)

 遠征4日目は、昨日のTRMの振り返りからスタートしました。 今回、ACミランアカデミーコーチングスタッフにはトレーニングだけでなく、TRMにも帯同していただいております。

  試合の中で見られたポジティブな要素、ネガティブな課題を、スタッフ・選手が共有し、かつトレーニングに落とし込み、それを意識しながら試合に繋げるという、試合-練習-試合の流れをACミランコーチと行えるのは大変貴重な経験となりました。

  特にコーチから伝えられたのは、お互いにコミュニケーションをもっと取ること。サッカーはチームスポーツである以上、必要不可欠な要素であり、技術・体力など関係なく今すぐにでも意識すれば向上するのだから、トレーニングでは、いつも以上に意識してやっていこうと繰り返し伝えられました。

 午後は激しい雨が降る中でのゲーム、ACミラン提携チームのLombardia UnoとのTRMでした。

 開始直後は主導権の握り合いのようなどちらに転んでもおかしくない状況。ただ時間が進むにつれて徐々にボールを落ち着かせて動かすことができるようになりました。

 0-0で迎えた前半30分、目の覚めるような鋭いカウンターから待望の先制点が決まり、さらには前線での激しいプレッシングからボールを奪い、追加点。前半を2-0で折り返します。

 その後、後半5分、雷雨・豪雨 により残念ながら中断となってしまいましたが、SOLTILO FCユース史上初となる海外チームからの勝ち星を挙げることができました。

http://www.lombardiauno.it/

遠征の試合結果、活動の様子は随時更新していきます。

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

#ソルティーロ
https://soltilo-fc.jimdo.com/

2018年8月25日

【U14】

【U14】
2018.8.24
金沢遠征4日目
台風接近の中、朝方まで雨が酷く試合中止の可能性もありましたが、宿舎を出発する頃には雨も上がり無事に最終日も試合をする事が出来ました。

vs星稜JY
○2-1
最終日も逆転勝ちで勝ったものの、チームの甘さが出た内容でした…
昨日に引き続き、立ち上がりすぐに失点し苦しいゲーム展開になりました。
ゲームに入る準備は良かったのか?昨日の課題は修正できたのか?過去の自分を超えられるのか?
kickoffと同時に試合に気持ちを入れるのは遅すぎです。今日の試合、将来の自分の為に『今・この瞬間』を戦わなければいけません。
遠征を通じて、ゲーム内容は徐々に良くなっていき、選手1人1人もレベルアップしていきましたが、W-upや食事の面からも出来ることはまだまだあると思います。
日頃の生活が全てサッカーに繋がっているんだという事を再認識させられた、4日間でした。
遠征に行って、相手が強かった・普段できないチームと対戦できた、ただそれだけで終わりではありません。
U14として臨んだ遠征は、勝ちからも素晴らしい経験を得ることができました。
この遠征で得た経験を次に繋げていければと思います。

保護者の皆様、今回も遠征へのご理解、ご協力して頂きありがとうございました。
引き続き、ご声援よろしくお願い致します。

文責:中村 真陸(U14監督)

2018年8月25日

【U18】

【U18】
2018.8.24(イタリア時間)
イタリア遠征 3日目

〜主なスケジュール〜
・午前
トレーニング

・午後
TRM vs CIMIANO ●2-3(中川、榎本龍)

 遠征3日目も、”CENTRO SPORTIVO VISMARA”でのトレーニングセッションからスタートしました。昨日同様、アカデミーのコーチングスタッフ指導のもと、楽しみながらも激しくトレーニングを行いました。一つ一つのディテールにこだわったコーチングを受け、選手のプレーが徐々に変わっていく様子が見て取れました。

 午後は場所を移して、ACミラン提携チームのCIMIANOとのTRM。こちらは、パオロ・マルディーニの後継者とも言われたマッティア・デ・シリオ(10歳で下部組織に入団以降、24歳までACミランで活躍し、現在はユベントスDF)の出身チームでした。
 SOLTILO FCユース史上初となる海外チームとのゲーム、日本を代表して望む試合のはずが、開始直後3分に1本の裏へのパスから失点してしまうスタート。サイド攻撃から同点とするも、1点目同様の形から失点するという修正仕切れない内容。ただ、前線からのプレッシングによりボールを奪い再度、同点に追いつきます。

 その後、終始ボールを支配し、ゴール前でシュートチャンスを幾度となく作り出しますが、そこは守備の国、イタリア。カテナチオと言われる所以がよくわかるように、ゴールには鍵をかけられ、こじ開けられません。そして迎えた後半終了間際、一瞬のスキをつかれCKを許し、こぼれ球を押し込まれタイムアップ。
 本当に悔しい敗戦となってしまいました。
 ただ、明日以降もTRMが続きますので、内容はもちろんですが、国を代表して遠征に来ている以上、結果にもこだわって取り組んでいきたいと思います。

https://www.cimiano.it/

遠征の試合結果、活動の様子は随時更新していきます。

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

2018年8月24日

【U14】

【U14】
2018.8.23
金沢遠征3日目
朝散歩時は風もあり涼しかったのですが、昼になるにつれて日差しか強くなり、昨日に引き続き気温が高い中での活動となりました。

vs星稜JY B
○10-1得点者:庄司2、東2、鶴岡、高橋、斎郷、吉川、中村

vs星稜JY A
○3-2得点者:吉川、斎郷、東

遠征初日から選手達は星稜JYを意識ししており、遠征3日目で初対戦となりました。
改めてサッカーの楽しさ・怖さを思い知らされたゲームとなりました。
前半立ち上がり1分でスルーパス一本で背後を取られ、先制点を許してしまいます。
その後2列目からの飛び出しでチャンスを作るも、中々得点に結びつく事が出来ず試合が進んでいきましたが、根気よくサイドを起点に相手ゴールに迫るとPKを獲得し、1-1の振り出しに戻りました。流れを掴み追加点を狙いに行くも、DFラインとGKの連携ミスからバックパスを奪われ前半は1-2で折り返しました。
後半は2列目からの飛び出し,サイド攻撃でゴール前に向かう選手が増えていき、タフでハードな戦いでしたが、2得点奪い逆転勝ちとなりました。

遠征3日目で素晴らしいゲームをし、一人一人の気持ちの入ったプレーで逆転勝ちを収めました。
明日は最終日!疲労困憊の中、いかにチーム一丸となって戦えるのか、味方のサポートに入れるのか、最後は勝って千葉に帰りたいと思います。

保護者の方から、応援に駆けつけて頂き、そして選手への差し入れを頂きました。ありがとうございました。

遠征の試合結果、活動は随時Facebook,ツイッターにて更新していきます。

文責:中村 真陸(U14監督)

2018年8月24日

【U18】

【U18】
2018.8.23(イタリア時間)
イタリア遠征 2日目

〜主なスケジュール〜
・午前
トレーニング

・午後
ミラノ市内観光

 遠征2日目は、ACミランアカデミー練習場である、”CENTRO SPORTIVO VISMARA”を舞台に、トレーニングセッションからスタート。アカデミーのコーチングスタッフ指導のもと、ミランのユニフォームを身につけ、約2時間のトレーニングを行いました。
 ACミランの育成コンセプトでもある、「常に頭を使いながらプレーする、選手自ら考え、判断力を磨く」ことを意識させることが、どのトレーニングにも散りばめられていました。
 開始直後は、緊張も見られ堅くなるシーンも多く見られましたが、徐々に活気が出てき始め、集中したトレーニングを行うことができました。

 午後はミラノ市内を観光。昼食にはイタリア料理の定番、ピッツア・マルゲリータを味わいました。また食後には、本場のエスプレッソを嗜み、選手によってはほろ苦い経験となったようでした。
 その後は、市内を散策。中でもミラノの象徴でもある大聖堂、ドゥオーモは圧巻、の一言でした。選手たちも約500年の時を経て建造された建築物を見て、歴史を感じているようでした。

遠征の試合結果、活動の様子は随時更新していきます。

文責・前鶴 洋(フィジカルコーチ)

2018年8月23日

【U14】

【U14】
2018.8.22
金沢遠征2日目
朝の散歩から日差しがキツく、気温が高い中での試合となりました。

vsReiz長岡(新潟)
○3-1得点者:金子、東、坂東
ボールを動かす事はできたが自陣でのプレーが多く、得点を奪う為の攻撃が出来ず単調なボール回しが続きました。
また守備面でも相手選手に対してのアプローチが非常に遅くなり、簡単にゴール前まで運ばれる場面があり1試合を通して、アグレッシブさの欠けたゲームでした。

vs VEEX(石川)
○3-1得点者:東2、北岡
1試合目の反省を活かし、相手ゴールに向かう攻撃をテーマに試合に挑みました。
先ほどの試合とは違い相手コートでプレーする時間が増え、サイドチェンジも織り交ぜながらゴールに向かうも
クロスやパス・フィニッシュといったプレーのクオリティが低く得点を簡単に奪う事が出来ませんでした。

遠征2日目はU15の対戦相手でスピード,パワーの違いはあったものの、チーム一丸となって闘う事が出来ました。

遠征の試合結果、活動の様子は随時Facebook,ツイッターにて更新していきます。

文責:中村 真陸(U14監督)